有人宇宙活動を支える情報通信ネットワーク - 郵政省通信政策局

郵政省通信政策局 有人宇宙活動を支える情報通信ネットワーク

Add: zybysy8 - Date: 2020-12-14 06:27:38 - Views: 8454 - Clicks: 3887

4 形態: viii, 152p ; 21cm 著者名:. 宇宙通信技術に関する研究開発とスペースICT推進フォーラムへの期待 (国研)情報通信研究機構 ワイヤレスネットワーク総合研究センター. 総務省における宇宙ICTに関する取組動向 Ⅱ. 郵政省: 情報受発進拠点としての郵便局のマルチメディア化: 761: 郵政省: 郵政省LANシステムの整備: 3061: 郵政省: 郵政総合情報通信ネットワークの構築(PNET) 95,674: 郵政省: 新郵便番号制推進経費: 3,780: 郵政省: 郵便事業における情報システムの構築: 5,558: 郵政省.

マルチメディア時代に対応した衛星通信の実現に向けて - 高速衛星通信に関する調査研究会報告書 平成7年 - 郵政省通信政策局 - 本の購入は楽天ブックスで。. 最後にご紹介するのは、人類が宇宙空間へ進出していく活動「宇宙探査」です。 「宇宙探査」は人が宇宙に行く「有人宇宙探査」と、探査機が宇宙で活動する「無人宇宙探査」の2つに分けられます。 「宇宙利用」で紹介したのは地球へのサービスですが、こちらは人類が宇宙空間へ活動エリアを拡げていくためのビジネスになります。 したがって、今すぐにビジネスとして成立するものではありませんが、これまで国家機関だけが担い手であった「宇宙探査」の分野にも民間企業が参入し投資が集まっています。. 郵政省: 公募研究(情報通信分野における基礎研究推進制度)の拡充・強化: 920 : 郵政省: 新規産業創出型研究開発の支援: 380 : 郵政省: 新たな通信ニーズに対応するネットワーク高度化技術の研究開発: 173 : 郵政省: 宇宙通信技術の研究開発、次世代に向けた宇宙. 続いて”宇宙利用編”として宇宙をどのようにビジネスに利用しているかを紹介します。宇宙利用について大きく2つのカテゴリーに分けました。 「人工衛星を利用」して地球での生活に活かすビジネスと、地球上ではできないことができる「宇宙空間を利用」したビジネスです。 前回作成した利用マップに比べて、かなり多くの業種を追加しました。宇宙を利用したサービスは多岐に渡り、これ以外にもまだ開拓されていない事業への利用の可能性があります。. 総務省(そうむしょう、Ministry of Internal Affairs and Communications)は日本の中央省庁の一つ。 行政組織・公務員制度・地方行財政・選挙制度・情報通信・郵政事業・統計等、国家の基本的仕組みにかかわる諸制度、国民の経済・社会活動を支える基本的システムを所管する。.

有人宇宙活動を支える情報通信ネットワーク : 宇宙インフラストラクチャの構築に向けて 郵政省通信政策局宇宙通信企画課 宇宙通信開発課編 日刊工業新聞社, 1991. 情報通信の高度化・多様化を支える技術開発の推進 (1. 文部科学省は、JAXAとともに宇宙科学など先端科学技術を通じて 新たな知見を創出し、基幹ロケット、通信・放送、気象及び情報収集 衛星など、研究開発や技術実証を経て、実利用に至ることで産業振 興に貢献. 有人宇宙活動を支える情報通信ネットワ-ク - 宇宙インフラストラクチャの構築に向けて - 郵政省通信政策局 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 郵政省通信政策局宇宙通信企画課 宇宙通信開発課編. 宇宙ビジネスの世界規模での市場規模は年に約27兆円だったのが、年で約38兆円まで成長しており、このペースで進めば年代には約70兆円以上に達すると言われています。 その内訳をみると、ロケットや人工衛星の製造に関する市場(宇宙インフラ市場)は全体の6%弱にあたる約2兆円。一方で、衛星データ活用や衛星テレビサービスなど、宇宙を利用したビジネスに関する市場(宇宙利用市場)は全体の35%強にあたる約14兆円の市場規模です。政府予算、宇宙旅行の市場を除くと成長率は3%と全体と比べても高く、これからも成長していくことが予想されています。 日本で見ると、宇宙ビジネス全体の市場規模が約1. 衛星通信年報平成11年版 郵政省通信政策局. 昭和61年 郵政省通信政策局国際協力課企画官 昭和63年 郵政省通信政策局国際協力課長 昭和61年~平成6年まで埼玉大学客員教授 平成2年 基盤技術研究促進センター出資部長 平成4年 郵政省郵務局国際課長 平成6年 郵政省東海郵政局次長 平成8年 郵政省沖縄.

社会通信教育協会 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 社会通信教育協会,. 宇宙における電波計測と電波航法 高野 忠/ほか. 3 形態: 96p ; 21cm 著者名: 社会通信教育協会 シリーズ名: 文部省認定社会通信教育改善に関する調査研究報告書 / 社会通信教育協会編 ; 平成13年3月 書誌ID: BA5155652X. 年3月に開催された電子情報通信学会総合大会において、宇宙通信研究室 研究マネージャーの 辻 宏之 に年度フェロー称号が授与されました。 また、同じく、宇宙通信研究室 研究員の 大倉 拓也 が年度(第82回)電子情報通信学会学術奨励賞を受賞. このため郵政省は、近い将来この情報通信基盤整備分野の研究活動の受け皿の規模を飛躍的に拡大する必要が生じています。こ の受け皿として、新たな情報通信研究所構想等が出たり、消えたりしています。.

年 総務省情報通信国際戦略局宇宙通信政策課長 年 独立行政法人情報通信研究機構ネットワーク研究本部副研究本部長 講演概要 nict は、将来社会を支え、高度な知的活動を支えるict 基盤として、新たな要. 1992年 郵政省入省。総合通信基盤局電波部電波利用料企画室長、情報通信国際戦略局技術政策課研究推進室長、総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課長等を経て、年7月より現職。 英 浩道(はなぶさ ひろみち) 氏. また、インド洋衛星系の 地球 局としては、山口第2、第3、第4 地球 局の合計3局が運用されています。 ※参考文献:郵政省通信政策局・監修「 衛星通信 年報」(平成8年版)(財)国際 衛星通信 協会. まずは、「製造・インフラ」として、ロケットや人工衛星、地上局など宇宙利用を実現するための機器を製造する企業から、宇宙利用を促進するためのシステムを開発する企業を紹介します。 製造分野はロケット、人工衛星、地上局の3つに分かれています。特に小型ロケットや小型衛星の開発企業が、続々と投資金額を獲得し計画が進んでいます。 また、打ち上げ後、衛星のデータを利用につなげるためのシステムを開発する企業も多くなってきました。 衛星データは、衛星から利用事業者にそのまま提供するには利用事業者自身に解析能力がないといけないため、データを利用しやすいようにプラットフォームを整備したり、画像を解析して利用者に提供する事業者も宇宙業界の中での存在感が強くなってきています。 それぞれを丁寧にみていくと、既存ビジネスの課題とビジネスチャンスが見えてくるかもしれません。. 1.我が国の宇宙政策 2.総務省の取組状況 3.スペースICT推進フォーラム 4.質疑応答 Ⅱ. See full list on sorabatake.

総務省設置法3条の任務を達成するため、行政組織、公務員制度、地方行財政 、選挙、消防、防災、国民保護、情報通信、郵政行政 、統計など、国家の基本的仕組みに関わる諸制度、国民の経済、社会活動を支える基本的システムを所管する。. 宇宙業界マップを「製造・インフラ」「宇宙利用」「宇宙探査」の3つに分けて 更新しました。一見難しいと思われがちな宇宙ビジネスですが、どの分野でもまだまだ可能性があります。 特に、「宇宙利用」は、近年盛んに言われる「ビックデータ」や「IoT」などグローバル規模でのトレンドに合致した分野であり、市場規模はますます広がっていくものと考えられます。「宇宙利用」が盛んになれば、もちろんそれを支える「製造・インフラ」も市場規模が大きくなっていくはずです。 マップを分けていますが、「宇宙探査」も「宇宙利用」「製造・インフラ」の成長に相対的に影響を受けていくと考えられます。 もっと宇宙ビジネスを学びたいという方は、こちらの記事(宇宙ビジネスを学べるおすすめの本・書籍14選)で紹介しているので、せひ参考にしてほしいです。 また、世界の宇宙ベンチャーについてはこちら(宇宙ビジネス×ベンチャー企業一覧アメリカ編 )で、日本の宇宙ベンチャーについてはこちら(宇宙開発×ベンチャー企業一覧 日本編 )で紹介しています。 今後も新たな産業、企業が参入し拡大していくことが期待される宇宙ビジネスに目が離せません。. 総務省情報通信政. 日刊工業新聞社 1991. 1987年 郵政省(現総務省)入省、以来、無線局や放送局、電気通信事業に係る制度整備、研究開発の支援、情報通信技術の利活用など主に情報通信行政に従事し、年7月から総合通信基盤局電波部移動通信課課長補佐に着任し、主に自営系無線設備の技術. 有人宇宙活動を支える情報通信ネットワーク : 宇宙インフラストラクチャの構築に向けて フォーマット: 図書 責任表示: 郵政省通信政策局宇宙通信企画課 宇宙通信開発課編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日刊工業新聞社, 1991.

宇宙航空研究開発機構 施設・事業所 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこう、英&58; Japan Aerospace Exploration Agency、略称: JAXA)は、日本の航空宇宙. 第2章 宇宙開発利用の推進に関する基本的な方針 施策の重点化の考え方と3つの重点課題 : 宇宙利用の拡大と自律性の確保に向けた取組に必要十分な資源を確保し、宇宙科学に一定規模の資源を充当した上で、 宇宙探査や有人宇宙活動等に資源を割り当てる。. 1: 39: 建設省: 土木研究所: 第1回日英道路科学技術に関する国際ワークショップ: 連合王国: 英国道路局. 1 情報通信行政は、1)「第二次情報通信改革」の推進、2)基幹ネットワークとしての光ファイバ網整備等次世代ネットワークインフラの整備促進、3)新たな電波資源の開発、4)国際標準の確立と高度な世界的情報通信基盤の整備など一連の政策を一体的に. 親子でふれる情報・通信・電波のハイテクノロジー郵政省通信総合研究所の一般公開 //p3~6 巻頭言 / 中村泰三/p8~8 宇宙通信政策懇談会報告――有人宇宙活動時代における情報通信等の在り方 / 広瀬俊一郎 ; 原田祐治/p10~16.

郵政業務の企画立案機能等は総務省郵政行政局へ移管。 なお、日本郵政公社は 郵政民営化法 (平成17年法律第97号)等により、年(平成19年)10月1日に部門ごとに分割して 株式会社 化され、 日本郵政株式会社 となった。. 『郵政省通信政策局編『有人宇宙活動を支える情報通信ネットワーク――宇宙インフラストラクチャの構築に向けて』(1991・日刊工業新聞社)』 『宇宙通信政策懇談会編『スペーステレコム21――宇宙通信政策懇談会報告書』(1991・ぎょうせい)』 『高野. 鈴木 健治 独立行政法人情報通信研究機構の論文や著者との関連性. 衛星通信年報平成13年版 総務省情報通信政. JavaScript対応ブラウザで表示してください。 第3章情報通信政策の動向 第1節 高度情報通信社会の実現に向けた政府の取組 第7節 21世紀に向けた技術開発・標準化の推進 1. 宇宙通信および衛星放送 高野 忠/ほか著 衛星通信年報平成12年版 郵政省通信政策局. 「有人宇宙活動を支える情報通信ネットワーク : 宇宙インフラストラクチャの構築に向けて」を図書館から検索。カーリルは複数の図書館からまとめて蔵書検索ができるサービスです。.

有人宇宙活動を支える情報通信ネットワーク : 宇宙インフラストラクチャの構築に向けて: 著者: 郵政省通信政策局宇宙通信企画課・宇宙通信開発課 編: 著者標目: 郵政省通信政策局: 出版地(国名コード) jp: 出版地: 東京: 出版社: 日刊工業新聞社: 出版年月. 宇宙通信技術に関する研究開発とスペースICT推進フォーラムへの期待 宇宙ICT関連政策と研究開発の最新動向【アーカイブ配信】 - /09/23-東京都 - ビジネスクラス・セミナー. 有人宇宙活動を支える情報通信ネットワーク : 宇宙インフラストラクチャの構築に向けて.

(2)宇宙科学・探査 c 4.情報技術の活用 b (3)有人宇宙活動 s Ⅲ.~Ⅶ.財務内容の改善に関する事項予算 b (4)宇宙太陽光発電 b (5)個別プロジェクトを支える産業基盤・科学技術基盤の強化策 b 1.施設・設備に関する事項 b. 宇宙ビジネスと聞いて、みなさんはどんなイメージを浮かべるでしょうか。 おそらく宇宙旅行や人工衛星を使った何かといったイメージをすることはたやすいかと思います。NASAやJAXAなどの政府機関で進めている事業であって、民間レベルでは「まだあまり現実的ではない、いつかやってくる未来」と感じる人が多いかもしれません。 しかしながら、NASAもJAXAも民間企業なしで宇宙開発を行っているわけではなく、独自にロケットや人工衛星を作り始めたベンチャー企業、既存の人工衛星を自社事業に利用している企業もあります。これらのすべてが宇宙ビジネスに当てはまります。 有人宇宙活動を支える情報通信ネットワーク - 郵政省通信政策局 そこで、どのような企業がどのような分野で宇宙ビジネスに取り組んでいるのか、 大きく「宇宙製造・インフラ」「宇宙利用」「宇宙探査」の3つに分けて現状の宇宙ビジネス業界マップを作成しました。 以下にその宇宙ビジネス業界マップを紹介します。. 郵政省: 通信総合研究所: 第23太陽活動極大期における宇宙天気研究と予報に関する国際ワークショップ: 米国: 海洋大気庁宇宙環境センター: 茨城 h12.

総務省が令和3年度の概算要求(案)を発表しました,補助金ポータルは、助成金や補助金を分かりやすくまとめた総合情報サイトです。各種補助金や助成金の申請方法、条件についての情報や関連ニュースなどをお届けしていきます。助成金についてさらに詳しく知りたい方は、無料相談窓口も. 2兆円、宇宙インフラ市場についてはその9割が官需で、欧米に大きく差をつけられている状況です。内閣府は、このような状況を鑑み「宇宙産業ビジョン」の中で、 年代早期の市場規模の倍増を目指していくと述べています。.

有人宇宙活動を支える情報通信ネットワーク - 郵政省通信政策局

email: evepaliw@gmail.com - phone:(267) 542-2889 x 6504

世界が見えてくる身近なもののはじまり - 柴田智子 - 回過去問集 短期完成

-> 俺の屍を越えてゆけ公式指南書
-> 1級 建築 施工管理技術検定 実地試験問題解説集 平成26年 - 地域開発研究所

有人宇宙活動を支える情報通信ネットワーク - 郵政省通信政策局 - 郵政省通信政策局 有人宇宙活動を支える情報通信ネットワーク


Sitemap 1

世界一簡単にできる確定申告 平成31年3月15日分 - 田中卓也 - 三面記事の歴史